男女の産み分け方法について

男が女か迷うところ

昔から「男女の産み分け」についてはさまざまな説が取り上げられてきました。

ご存知のように、子供の性別を決めるカギは精子が握っています。

簡単にいえば、男の精子と女の精子があり、どちらが卵子と受精するかによって赤ちゃんの性別が決まるというわけです。

したがって、産み分け法はセックスが終わった後や受精した後ではなく、セックスの前と最中に試してみなければならないということです。

現在産み分けに大切な要素として挙げられているのは、「セックスの時期」「精子の調整」、そして「射精のタイミング」です。

それ以前に、まず子供が欲しいなら女性の排卵日がいつであるかをしっかりチェックしなければならないというのは当然のことですね。

産み分け法の実践

ではいよいよ、男女の産み分け別セックスの仕方です。

まず男の子が欲しい場合、排卵日を狙って行なうのがいいでしょう。

また精子の濃度は濃く量も多い方がよいので、禁欲生活が必要とされます。

射精はできるだけ膣の深いところで行なうといいのですが、禁欲生活を送っていたカップルならプレイにも熱が入り当然そうなることでしょう。

次に女の子が欲しいのであれば、排卵日の2~3日前がオススメです。

そして精子の濃度が濃かったり量が多かったりする必要はないので、禁欲する必要はなく定期的にセックスをしてもOKです。

当日もいつも通り、もしくは多少あっさり目のセックスで、膣の浅い位置で射精を行ないます。

日頃からセックスをしているカップルの場合は、女の子が生まれやすいといえるかもしれませんね。

ただし、これらの方法を行ったからといって必ずしも生み分けが可能というわけではないという点は認識しておきましょう。

子供は神様からの授かりもの、どちらが生まれたからといってやはりかわいい自分の子供なのです。