演技をする女性の気持ち

今よりも更に感じるために演技する

セックスの最中に女性が感じている姿を見ることで、男性も更なる興奮が高まります。

しかしその感じている姿が演技であったなら、男性のショックは大きなものに違いありません。

「騙された」「バカにしているのか」と怒る人もいれば、「自分のテクニックがないばかりに…」と落ち込んでしまう人もいるでしょう。

でも、女性の多くは多かれ少なかれセックスの際に演技をしているのです。

それは騙そうとかバカにしているといった悪気があるのではなく、セックスを楽しむためのものなのです。

自分は今エッチなことをしている、男性の刺激に感じている、そんな思いが女性をさらに興奮させるのです。

つまりは、自分を更なる高みに運ぶための「テクニック」といってもいいかもしれません。

むしろ、セックスをより楽しむために「演技」をしているのです。

男性に自己のオルガズムを求める

とはいえ、男性からすると演技なしに純粋に快感を得てもらいたいと考えるのは当然です。

しかしながら、女性のオルガズムのタイミングというのは男性が射精をするのとは違いなかなか見極めが困難です。

それでも見極め方はいくつかあり、たとえば快感とともに広がっていた乳輪が絶頂ののちは次第にしぼんでいくとか、オルガズムの直前に女性の身体に「セックス・フラッシュ」と呼ばれる紅班が現れるといったものがあります。

けれども、それを確認するのは簡単ではありません。

男性は射精をすることで一応満足するので、女性も同様にオルガズムを迎えなければ満足できないと思いがちです。

だからこそ一生懸命励むわけですが、女性はそうとは限らないのです。

好きな人と一緒にいられる、肌と肌を重ねることができる、また男性が自分を気持ちよくさせようと頑張ってくれている、それで充分満足という人も少なくありません。

オルガズムありきのセックスは必ずしも正しくないのです。