Greetings and welcome to our website...

セックスに愛は必要なの

セックスに愛は必要とか、愛のないセックスは不純だという考え方を持つ人は少なくありません。
けれどもセックスは本来自分の子孫を残すための行為ですから、愛だの恋だのという感情は必要ないといえます。
実際、動物が交尾をする際に感情はありません。
交尾をする相手を選ぶことはありますがそれは好き嫌いという感情ではなく、より優れた自分の子孫を残すことのできる相手であるか否かということを判断しているのです。
とはいえ人間社会にはさまざまなルールが存在し、人が性欲に任せて誰彼構わずセックスをすることは許されません。
無理やりであれば強姦罪という罪に問われますし、お互いの合意の上であったとしても数多くの相手と関係を持っていると社会的モラルが欠けているとされてしまいます。
しかし法律やモラル、ルールなどがなく、いつでもセックスをしたくなったら誰としても構わないとなったなら、特に多くの男性は諸手を挙げて喜ぶのではないでしょうか。

気持ちは男も女も同じなんです

男性がセックス好きなのには理由があります。
それは人間の動物的本能がなせる業なのです。
遠い過去の時代から、オスは可能な限り優秀な自分の子孫を残さなければならないとインプットされています。
一度関係を持つと生涯その相手と添い遂げる動物は10種類くらいしかおらず、残りは自分の子孫を残してくれるより良い相手を常に求めているのです。
人間も同様なのですが、夫婦というシステムやいろいろな法律などによりそれが許されていないだけなのです。
だから男性は浮気をしてパートナー以外とセックスをしたがるのです。
世間では男性の浮気がよく話題になりますが、女性も同様です。
動物のメスもまた、優れた自分の子孫を残すために多くのオスと交わります。
女性も同様にセックスは好きなのです。
好きという言葉に語弊があるようなら、子孫を残すための作業とでも言っておきましょう。

Copyright© ティシスコメディ All Rights Reserved.